セッション情報

  • セッションID:B-5-1
  • 時間:【午後3】15:00~15:25
  • 会場:【B会場】2F
  • タイプ:講演

セッション内容

要件のフィックスをできるだけ遅らせる、突然の仕様変更にできるだけ対応する開発のなかで、どのような契約を結び、事前の稟議や、予算取り、また内部コストの計画やその予実管理はどうしたらよいのでしょう?

顧客のビジネスの成功にコミットするなら、アジャイルな開発手法は非常に有効なことは分かるのですが、僕達の顧客はアジャイルのことなど知ったことではなく、従来の商習慣にはマッチしないものでした。

本発表では、

  • 自社の開発や請求スキームのために作成した契約書
  • PivotalTrackerと自動的に連携し、ストーリー単位での見積・発注・請求・外注を支援する自社システム

についてをお話したいと思っています。

スピーカー

志田 裕樹さん

 

Tagged with:  

Comments are closed.