セッション情報

  • セッションID:C-6
  • 時間:15:05~16:55(110分)
  • 会場:C(2F 204)
  • タイプ:ワークショップ
  • 定員:なし
  • 途中参加・途中退席:NG
  • 見学:OK
  • 持ち物:シャープペンや消しゴムなどの筆記用具

セッション内容

皆さんソフトウェア開発をしてたらテストもしますよね?

「テストって単純な確認作業でしょ?」

「テストケースの考え方がわからないから、思いついたテストをすればいいや」

そんなことを考えていませんか?

このセッションではテストケースの考え方、モデルを作成する意味などを紹介し、モデルベーステストの一つである状態遷移テストを実際に手を動かしてやっていただきます。

より良い設計をしたい方、より良いテストケースを考えたい方は是非参加してみてください。

普段の業務で開発を担当している方、テストを担当している方、あまり知識がない初心者の方など、どなたでも参加していただけます。

参加条件はありません。

このワークショップはWACATEというイベントの2018年夏に行われた状態遷移テストのセッションがベースとなっています。

スピーカー

WACATE実行委員会(角田 俊さん、風間 裕也さん、常盤 香央里さん、越中谷 郁美さん、朱峰 錦司さん、山口 寛子さん)

WACATEとは、年2回行われるテストエンジニア向けのワークショップです。https://wacate.jp/

今回はWACATE実行委員が出張してワークショップを行います

Comments are closed.